福井県 新築のお施主様 森崎様|断熱材.jp

福井県 新築のお施主様 森崎様

福井県 新築のお施主様 森崎様

インタビュー

Q1.家を建てる際、何を重視し、どんなことにこだわりましたか?

A1.とにかく冬寒くない家、デザイン性よりもそこを優先しました。ただし、暖房設備に頼り切りの家になるのは嫌だという思いも伝えました。設計士の方は、光熱費を抑える事を一番に考えてくれる方で、最大限自然エネルギーが活用できる様工夫を施した家を提案してくれました。

Q2.ご自身で断熱材の事を調べたりしましたか?

A2.特に調べたりはしなかったですね。断熱材といえばグラスウールの印象しかなかったです。ただ高断熱にしたいという思いはあったので設計士の方にはそれを伝えました。

Q3.どのような経緯でパイナルフォームを知りましたか?

A3.新築をした知り合いが「断熱材は松原産業のパイナルフォームを使用した。」と言っていて、調べてみたら福井県のメーカーなんだと知りました。

Q4.パイナルフォームを選んだ理由を聞かせてもらえますか?

A4.地元メーカーであり、断熱専門業者という点が大きかったですね。営業の方に説明を受けて、断熱の事は安心して任せられるなと感じました。

Q5.発泡スチロールの断熱材に対してのイメージは?

A5.家電を買ったときに入っていたりする梱包とかに使うもの。というイメージなので、住宅の断熱材に使われているというのは正直知らなかったです。

Q6.完成した家は以前の住まいと比較して快適になりましたか?

A6.生活スタイルが全く変わりましたね。以前の住まいは部屋と廊下の温度差がひどかったので・・・。冬もエアコン1台で十分暖かく過ごしやすくなり、ほかの暖房機器は全く使用しなくなりました。あとは夏場帰宅したときのムッとする感じや、2階の蒸し暑さがほとんど感じられないです。結果的にデザイン性と断熱性の両立ができて、非常に満足しています。

Q7.ほかにパイナルフォームを使用し、高断熱にして良かったと感じたことはありますか?

A7.特に冬場ですが、奥さんが朝起きたときにキッチンが底冷えしていないと言っています。お風呂も寒くないし、冷気が上がってこないように施工もキッチリして頂いたんだなと感じています。そういえば1週間くらい前、小学生の息子はタンクトップで寝てましたね。あまりに暖かいんで(笑)

【インタビュー:令和2年3月2日 福井県鯖江市】

受付時間:09:00~17:00 (土日祝除く)