よい輻射環境には断熱・気密が必要|断熱材のパイナルフォーム

よい輻射環境には断熱・気密が必要

快適な室内環境を実現するのは、暖房設備の力だけでは難しく、床・壁・天井などの輻射温度を一定に保つ能力、つまり断熱性能と気密性能を整えることが必要になります。
 

断熱と気密の役割は、綿やダウンが入った上着にたとえてみるとわかりやすいでしょう。綿やダウンによって服の内部に動きにくい空気層をつくることで、外部の寒さから体温が守られます。家全体を包むように入れる断熱材は、この上着の綿やダウンと同じ働きをします。また、上着の前のファスナーやボタンの合せを2重にするなどの風を中に入れない工夫は、住まいに隙間風が吹き込まないようにする気密性能にあたります。

高気密な家は、空気の出入りが極限まで抑えられ、そのため、冬には室内のあたたかい空気を外へ出逃がさず、夏は逆に外の熱い空気が室内に入込むのを防ぎ、エアコンが効きやすいと言えます。

高断熱な家は、外の空気の温度が壁や窓を通して家の中に伝わってくることを防ぎます。効率よくあたためたり冷やしたりできるということは、省エネで光熱費を抑えることができるということです。家の広さや間取りにもよりますが、エアコンや暖房器具の台数が少なくて済む場合も。