断熱材の比較検証 ~パイナルフォームの特性とあわせて~

パイナルフォームと他断熱材との比較

皆さんはパイナルフォームってご存知ですか?

断熱材メーカーの商品名になるんですが、製法的にはビーズ法ポリスチレンフォームという種類に分類されます。

住宅の断熱材として、家の屋根や天井、壁や床など色んな箇所で多く使用されています。

今回はこのパイナルフォームと他の断熱材の違いなどを含めてそれぞれご紹介していこうと思います。

まずはいくつかの断熱材を持ち出し、表に起こして比較してみましょう。

 

 

断熱材の性能比較表

断熱材_比較表

断熱性能について

パイナルフォームの場合

断熱性能には、その素材の熱の伝わりやすさを表す「熱伝導率」と、物質の熱の伝わりにくさを表す「熱抵抗値」があります。

熱伝導率が高い素材の場合、夏場の暑さが伝わりやすくなってしまいますが、それも断熱材の厚みを調整することで熱抵抗値を高めることが可能です。

また気密性が高まると、この効果も自然と良くなり、冷暖房の効き目の良さにも繋がります。夏は涼しく、冬は暖かい家で快適な暮らしをしたいですよね。

そして断熱の工法として、外張り断熱にすると家全体を覆うように断熱を行ってくれるので一戸建てのお家などには人気があります。

断熱性能の比較

長期安定性について

パイナルフォームの場合

高性能といわれる製品の中には熱伝導率の低いガスに性能を依存しているものがあります。ガスを使用している場合、ガスは永久的ではないので経年と共に効果が薄れていきます。その反面、パイナルフォームはガスに依存していないので経時変化が極めて少ない断熱材と言えるでしょう。

また開発技術が進んだこともあり、製品自体が高品質になったことで劣化がしにくく、長い目で見られる素材になります。そうしたことから、パイナルフォームは南極でさえも約40年間もの間、断熱性能が劣化しないことが証明されたそうです。

極寒の地で40年も断熱効果があるのは素晴らしい特性ですよね!

長期安定性の比較

耐水性について

パイナルフォームの場合

パイナルフォームは独立気泡で構成されており、吸水率は極めてわずかな値です。

連続気泡の押出発泡ポリスチレンや、繊維系断熱材の中には吸水率の高い製品があり、吸水により性能劣化が起こる場合もあります。

吸水することで、水分を含んでしまい、カビなどの繁殖や腐食の原因となってしまう恐れがあるので気を付けたいところですよね。ただ、吸水をしても上手に湿気として放出できれば問題はないかと思います。

パイナルフォームは優れた耐水性と高耐久性を持ち合わせているので安心です。

耐水性の比較

施工性について

パイナルフォームの場合

施工性においてはパイナルフォームはダントツなんではないかと思います。

板状にしたパイナルフォームは軽くて、簡単にカットが出来ます。現場でカットをするために施工性がよくないと思われがちですが、パイナルフォームは事前に指定の寸法でプレカットして納入するため非常に施工性にも優れています。

また、専門職のおような技術も問わないので、職人技術がない方でも簡単に施工が行えます。

施工性で言えば表にもあった通り、吹き付けウレタンフォームも簡単ではあります。しかし、こちらの場合は特殊器具を使用するので誰でも簡単にというわけにはいきません。

施工性の比較

吸音性について

パイナルフォームの場合

吸音とは内部に入った音エネルギーが伝搬し、繊維や空気を振動させ熱エネルギーに変わることで吸音します。

グラスウールやセルロースファイバーのような繊維系の厚手のものが防音効果には強いとされます。

その反面、パイナルフォームやスタイロフォームのような板状の製品は音を反射させるため吸音には向かない断熱材と言えるでしょう。

吸音性の比較

リサイクル性について

パイナルフォームの場合

パイナルフォームの素材は単一素材であるため、分別が容易で、熱や溶剤・圧縮により体積を減らす「減容」が可能であり、リサイクル特性に優れた商品です。

素材自体がリサイクルによって形成されているものは多々ありますが、断熱材として使用した後のリサイクルは難しいかもしれません。それは長年使用したものであれば尚更でしょう。

現在のパイナルフォームは、マテリアル、ケミカル、サーマルの3種類の方法でリサイクルされています。

リサイクル性の比較

価格設定について

パイナルフォームの場合

パイナルフォームは他の断熱材と比べると少し高く感じるかと思います。

しかし、プレカットして納品するパイナルフォームには下記のコストメリットがあります。

使用箇所に合わせてカットしてから納品する為、現場での端材の発生が少なく、産廃費用を削減することができます。

また、届いた断熱材を施工部位に充填するだけなので工期短縮にも貢献出来るので、工賃が安くなることにも繋がります。

そして長い目で見た時に、経年劣化や損傷などでリフォームや張替えをする必要性が極めて少ないので、そういった部分も含めると途中でかかってくる費用がないのでおすすめです。

他の断熱材との特徴比較

製品

特徴
パイナルフォーム
  • 炭化水素系発泡剤、難燃剤を含むポリスチレンビーズを金型内で水蒸気を用いて発泡・融着させた断熱材
  • フロン類を使用しない断熱材で独立気泡内の空気を使って断熱する
  • 断熱性能の経時変化が少なく、複雑な形状を作ることが可能
  • 紫外線や80℃以上の温度で劣化・変形する
  • リサイクル性に優れF☆☆☆☆、グリーン調達品目に該当する
押出法ポリスチレンフォーム
  • 加熱溶融させたポリスチレン樹脂に発泡剤・難燃剤を混合しボード状に押出した断熱材
  • 独立気泡の空気・発泡剤を使って断熱する
  • フロン類を用いない断熱材に切り替わっている
  • 紫外線や80℃以上の温度で劣化・変形する
  • 断熱性能の高い製品は性能の経時変化に注意する
  • F☆☆☆☆、グリーン調達品目に該当する
フェノールフォーム
  • 未硬化フェノール樹脂に発泡剤を混合しボード状に固化させた断熱材
  • フロン類を使用しない断熱材で独立気泡内の空気・発泡剤を使って断熱する
  • 紫外線で劣化する
  • 断熱性能の高い製品は性能の経時変化に注意する
  • ホルムアルデヒド発散建材に指定されているのでF☆☆☆☆を使用する
吹付ウレタンフォーム
  • イソシアネート・ポリオール・触媒・発泡剤・難燃剤・製泡剤を専用装置で混合し現場で対象部位に吹付け固化させた断熱材
  • 密度の高い製品は独立気泡内の空気・発泡剤を使って断熱する
  • 密度の低い製品は連通気泡中の空気を使って断熱する
  • 密度の低い製品では別途施工される防湿層・防風層に注意する
  • フロン類を用いている製品もあるのでノンフロンA種断熱材を使用する
  • 紫外線で劣化・変形する
  • 断熱性能の高い製品は性能の経時変化に注意する
グラスウール
  • リサイクルガラスを主成分とし、高温で溶融したガラスを遠心力で細く繊維状にし少量の接着剤を混ぜて固めた断熱材
  • 繊維の隙間にある空気を使って断熱する
  • 材料が不燃性のため耐熱耐火性に優れ、有毒ガスの発生も少ない
  • 透湿性・通気性が高いので防湿層、防風層などを別途施工する
  • ホルムアルデヒド発散建材に指定されているのでF☆☆☆☆を使用する
  • アスベストは含有しない

 

パイナルフォームの商品詳細については下記のボタンから

少しでも気になったら気軽にお問い合わせください!
少しでも気になったら気軽にお問い合わせください!
受付時間:09:00~17:00 (土日祝除く)