断熱材リフォームについて

断熱材リフォームについて

断熱材リフォームとは?

断熱リフォームとは?

建物は築年数の経過とともにどうしても見えない部分の腐食や破損も気になるものです。
そのひとつに「断熱性能」の低さが上げられます。

断熱性能に問題があると結露の原因にもなり、建物の耐久性に影響を及ぼすことにもなります。

これから何年もの間快適に暮らしていくために
断熱リフォームは重要なのです。

断熱リフォームの種類

住宅で断熱リフォーム工事が行える箇所です。

・床、床下や基礎部分
・壁
・天井、小屋裏
・窓、玄関などの開口部分

 

開口部以外はすべてパイナルフォームで施工可能です。

断熱材のリフォーム工法

壁の断熱リフォームには、主に建物の外側から行う「外張り断熱工法」と、建物の内側から行う「充填断熱工法」の2種類があります。  

外張り断熱とは、建物の外側、つまり、柱や梁などの構造材を、外側から断熱材で覆う工法のことです。
建物の構造材を断熱パネルで囲み、その上から外壁材で覆うことができるため、建物全体が断熱性の高い箱のような状態になります。

充填断熱工法とは、室内側の柱と梁の内側に、断熱材を敷き詰めて行う断熱工法です。松原産業のパイナルフォームでは、充填断熱工法はもちろんのこと、外張り断熱工法など様々な工法に対応させていただきます。

断熱リフォームのメリット

ご高齢の方や小さなお子様がいらっしゃるご家庭には特に断熱リフォームがオススメ!

家全体を断熱リフォームすることで、お風呂や廊下などとの温度差が少なくなり
ヒートショックによる健康被害の防止にも繋がります。

また、室温が外気温に左右されにくく冷暖房の効率が良くなるため快適な温度が保てますし
夏冬問わず空調費が抑えられすため電気代の節約にもなります。 

是非断熱リフォームをお考えの方は一度ご相談ください。
パイナルフォームでご予算に応じた対応をさせていただきます。