外張り断熱とは|断熱材.jp|パイナルフォーム

外張り断熱とは

皆さん、CMなどでも何度か耳にしたことのある「外張り断熱」

よく耳にはするが、実はどんなモノなのか正直わかりづらいですよね?専門用語だと思って、その場で調べるなんて事も中々ないと思います。今回はその外張り断熱について少しお話させていただこうと思います。

寒さが増してくる時期や、暑さが厳しい時期には、この断熱材の存在を大きく感じます。今では住宅にとっては無くてはならない存在ですが、昔の木造住宅は環境も今ほど過酷ではなかったですし、なくても生活に困難をきたすほどではなかったかもしれません。

しかし、地球の環境問題が深刻になり、日本の四季も昔に比べると少しづつ変化していっていますから、今の時代に合わせた住宅造りをオススメいたします。ただ、住宅造りにおいて、断熱材の存在はほんの一部に過ぎませんので、色々な観点から検討し、一番合ったものを使用するのがいいですよね!その為には、まずは知識から!!僅かばかりではありますが、外張り断熱についてお教えいたします。

外張り断熱について

外張り断熱工法

外張り断熱とは断熱材を使う際の工法になります。

【外張り断熱工法】の他にも【充填断熱工法】というのがあり、大きく分けてこの2種類の工法になります。これは簡単に言うと断熱材を外から張るのか?中に詰めるのか?ということなんですが…  

外張り断熱工法は住宅の柱や梁などの外側から全体を丸ごと覆って建物にベールを纏わせるような工法のこと言います。

柱や梁などの外側にある為、すっぽりと切れ目なく纏われるので安定した高い断熱性や気密性などが実現出来き、壁全体が暖かくなります。また使用している材料もそれぞれ異なり、外張り断熱工法では主にプラスチック系の断熱材を使用することが多いです。 

外張り断熱工法の良さ

外張り断熱で快適な空間を。外張り断熱のメリット。外張り断熱が家を長持ちさせる。

また、外張り断熱工法の良さは何と言っても隙間が少ないこと!全体を外側から纏うので隙間が出来にくく、気密性が高い建物が出来上がります。最近よくハウスメーカーさんなどでも「気密が高い家」なんていうワードや口コミを使っているところを見ませんか?

気密性が高いと、どういったことに繋がるか?例えば冬場に自宅に帰宅した際に、寒い室内に暖房エアコンなどを付けると部屋が暖かくなるスピードが違います。

これは夏場の暑い日も同様で、暑い部屋がエアコンによって涼しくなるスピードが速いです。これによって、冷暖房の効果が上がる為、光熱費などの費用を抑える方法の一つとしても検討材料となります。

また、気密性が低い住宅だと気密性が高い住宅に比べ隙間風なども多く空気の逃げ道がわかりづらくなってしまい室内に空気がこもりがちになるという欠点もございます。

そうなると換気もうまくできずに湿気が溜まってしまったり…なんて事も中にはあります。快適な空気で過ごす為には、上手な換気と気密性は大事になってきますね!そして換気がうまくいくと住宅は長持ちします! 建物も呼吸をすると言われるぐらいですので建物にとっても快適な空間を造ることが大切になってきますね。

外張り断熱は内部からの断熱材施工をしなくても大丈夫です。設備配管廻り,真壁造りの容易さや,新築工事の他,リ断熱リフォーム改修でも比較的簡単に工事できます。 お風呂のユニットバス廻りなど,ユニット取り付け後、中から断熱材の施工ができない部位では特に効果を発揮いたします。

主な用途 外張り工法+窯業系サイディング

外壁サイディング

外壁材に窯業系サイディング(通気層工法)を使用する一般的な断熱工法です。
外張り断熱時の中空層は設備・配管スペース等としての利用の他、和室真壁の造作も簡単に行えます。

筋交いや構造金物、各種受け材等の施工も充填断熱より手間がかかりません。職人さんには嬉しい工法かもしれませんね!

外張り断熱工法でスペース活用

外張り断熱材でスペースを確保

外張り断熱工法にすると実はスペースの有効活用にも繋がります。
前途でお話した通り、外から張るのか?中に詰めるのか?の2パターンがあると言いましたが中に詰める場合には壁のちょっとした空間を埋めてしまうので、壁の空いているスペースに棚を作りたい!なんてことが難しくなります。

また、外張り断熱工法は柱や梁の外側から行うため、コンセントボックスや配線などの障害にもならずに済みます。
充填断熱工法になると一度壁面に埋めてしまう為、その後になってやっぱりここにコンセントが欲しいとか、TVジャックやインターネット回線を引きたいなんてことも難しかったりします。

ただ、外張り断熱工法は大きく外から張るのでその分、充填断熱工法に比べると費用が掛かってくる場合もあります。悩みどころですよね…住んでみないと、ここにコンセントが欲しかったなんてわかりませんからね。この先、起こりうる色々な事態を想像、イメージして考えるのがいいかと思います。そんな想像をしている時間もまた、家族と話し合ったり、イメージを膨らませて夢が膨らんだりと楽しい時間に変わることでしょう!

いかがでしたでしょうか?少しは外張り断熱について知識が身につきましたか?

皆様にとって有益な情報になれば嬉しいです!他にも断熱材のことなら何でもご相談にのりますのでお気軽にご連絡くださいませ。

 

また、今回は外張り断熱について記載しましたが、断熱材には他にも色々な種類がありますし、使う場所によっても用途によっても変わってきます。屋根に使用するものや、床に使用るすもの、壁や天井に使用するものなど様々です!その場所の環境や空間によって材料を選んだり、例えば屋根であれば瓦屋根の住宅もありますし、壁に関しても、木造なのか鉄筋コンクリートなのかにもよって違いますよね?

実は奥が深い断熱材。その重要さも中々周知はされづらいですが、断熱材から吟味して住宅を建てることでその後の住宅の寿命などにも繋がります。細かいことかもしれませんし、素人には難しい話かもしれませんが、大きな買い物のひとつと言われるマイホームは失敗したくないですよね?

是非、専門家やプロの方に相談しつつ、自慢のマイホームを建ててくださいね!