よくある質問

よくある質問

  • EPSの取り扱いで注意することはありますか?

    1.火気に対する注意事項

    1)難燃剤が添加された建材用途のEPSは微少火源があれば燃え続けますが火源を取り除けば、EPS単独では燃焼を継続しない性質を持っています。こうした性質は、"自己消火性""難燃性"と呼ぶ場合がありますが、建築基準法における"不燃"、"準不燃"、"難燃"材料といった性質・使用法とは異なります。また、EPSはあくまで可燃物であることに留意し、保管や施工時を含めて火気には十分注意してください。

    2)酸素指数26以上のEPS断熱建材は、消防法(第9条3)における指定可燃物から除外され、20m3以上の貯蔵または取扱いの際に所轄の消防署への届出が必要なくなります。詳細は、各製造メーカーにお尋ねください。

    ※酸素指数:プラスチック材料の燃焼試験(JIS K 7201)に定められた試験において、材料が燃焼するのに必要な最低酸素濃度(容積%)。
    この数値が大きいほど、燃焼しにくいことを表します。

     

    2.安全衛生

    1)安全管理に関する規定は、消防法、労働安全衛生規則等の関連法規に準じます。

    2)EPSの加工の際には、切断器具の取扱いに十分注意して下さい。また、切断する際に粉塵が発生しますので、作業者が吸い込まないよう、防塵マスク、集塵付鋸を使用するなどの十分な配慮を行って下さい。

    3)特にEPS断熱材を水平部位に施工する際は、作業時の踏抜きには十分注意し、脚立の脚等、集中荷重のかかる部分はあて板で保護してください。

    4)EPS保温板は使用温度が80℃以下(EPS保温筒は70℃以下)です。温水配管回りなどに施工する場合は、使用温度を確認してください。

    5)鉄筋の溶接、溶断時に火花が及ぶEPS施工部分は保護シートで養生してください。コンクリート打設後の断熱養生などで噴射型ヒーター等を使用する場合は、EPS施工部位から十分に距離を取るとともに、換気に留意し十分なスペースを確保してください。

     

    3.運搬・保管

    1)運搬の際には角欠けやロープの食い込み等の破損に注意してください。保管の際には水平に設置した枕木の上で、養生シートで覆い風雨や直射日光を避けて保管してください。また、枕木は積んだ製品がたわまないだけの数を用いてください。

    2)EPS保温板と各種表面材(フレキシブルボード、ベニヤなど)を貼り合わせた一般複合板は、保管状態により、長期間の保管によって"そり"が発生する場合があります。なお、同時打込み、接着張り施工後の製品の"そり"について心配はありません。

     

    (参照 https://www.jepsa.jp/jepsa_eps/kijun/kijun-chui.html
  • 断熱パネルと気密性について教えてください

    断熱パネルを取り入れることが気密が取りやすくなります。
    詳しくはお気軽にお問い合わせください。
  • 合板の厚みは選べるの?

    iZA Panel天井については基本12mmか24mmになります。
    壁は基本9mmになります。
    屋根は仕様によって異なります。

    他の商品についてや、オーダー対応についてはお気軽にお問い合わせください。

  • 施主でも頼めるの?

    もちろん発注いただくことができます。
    依頼する工務店や設計事務所様にiZA Panelを使用したいとお伝えください。

    無料サンプルっもご用意しておりますので併せてご覧ください。

  • 北海道や寒冷地でも使用できるの?

    もちろん、使用可能です。

    弊社でも取り扱っているEPS材は南極の昭和基地でも長期にわたって断熱性能を維持した実績がございます。

  • 断熱等級は?

    G2である等級6の実績があります。

    今後の環境問題や住宅基準の高水準化に伴い、必要になってくる条件を満たしています。

  • 耐震はどうなの?

    面材の数や配置によって耐震を担保します。(例)構造用合板=面材

    詳しく知りたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

  • iZA Panelのネーミングの意味

    i=insulation(断熱)
    Z=最上級+A=福井の方言(イーザ=福井の方言ではすごく良いんだよという意味)
    Panel=パネル

    福井の会社が全国に向けてアピールできるように名付けました。

  • 他のメーカーの壁パネルとどう違うの?

    中の断熱材が違います。
    iZA PanelはEPS断熱材ですが、他の断熱材も選定できます。
  • iZA Panelのパンレットの図面を見てみると、母屋間に断熱材が入ってように見えますが、この母屋間に入っているの断熱材も一体化されているのか?

    iZA Panelはダブル断熱をした一体化パネル(母屋間・垂木間)になります。

    詳しくご覧になりたい方や詳細を知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

  • 1枚いくら?

    使う断熱材や構造用合板の価格によって異なりますし、家の形状によっても値段が変わります。
    そのため、全て図面をご提出いただいてから掲示させていただいております。
  • 坪いくら?

    使う断熱材や構造用合板の価格によってや、家の形状によって値段が変わります。
    そのため、全て図面をご提出いただいてから掲示させていただいております。
  • 断熱等級5・6・7って何?

    2022年に断熱性に関する国の基準が改定され、新たに設けられた断熱等級の新等級のこと。
    世界的に見ると、日本の断熱性はまだまだ低く、今後のカーボンニュートラルの時代に向けて住宅の性能基準も上がることが予想されています。

    基準の見直しが前回の制定から23年ぶりとなり、この間に民間が自主的に制定している断熱基準に後れを取っていることも、断熱等級5・6・7を新設した一つの理由であると言えます。

    近い将来、断熱等級の適合義務化も実施されるので、これから住宅を建てようとお考えの方は知っておいた方がいい情報になります。

  • iZAパネル以外にも断熱材のラインナップはありますか?

    EPS断熱材の他に、押出法ポリスチレンフォーム断熱材、フェノールフォーム断熱材などがございます。
    詳細については直接、お問合せください。
  • iZAパネルの発注の流れを教えてください。

    1)屋根形状・躯体構造よりパネル寸法をお打合せ。
    2)垂木ピッチや必要断熱性能を決定し、お見積りさせていただきます。
    3)構造材プレカットを元に、パネル割付図を作成。
    4)最終チェック完了後、パネル組み立て、現場搬入になります。
  • iZAパネルの天井断熱パネルはどのような商品ですか?

    合板に断熱材が接着している商品です。
    上棟時に桁間に落とし込み施工し、ビス止めします。

    ※付加断熱が必要な場合は合板上に施工します。

  • iZAパネルのパネルの留付けはどうやって行っていますか?

    垂木留付け専用の長ビスをご使用ください。
    製品・規格の詳細は直接お問合せください。
  • iZAパネルは躯体の母屋・梁の加工は必要ですか?

    屋根勾配での母屋斜め加工が必要になります。
    梁は平梁・登梁に対応しております。

    ※平梁は付加断熱(母屋間断熱)の加工が必要になる場合がございます。

  • 現場に直送できますか

    直送できますが、割増運賃がかかる場合がございます。
  • 現場で採寸はできますか

    採寸できますが、別途出張費、交通費がかかります
  • メールが届かない

    弊社からお送りするメールが届かない場合は、念のため迷惑メールフォルダをご確認下さい
  • 支払いについて

    銀行振込、クレジットカードがご利用いただけます
  • 返品は可能ですか

    製造増の不具合や輸送破損の場合は、ご連絡いただき次第すぐに代替品を製作し可能な限り最短で発送いたします。
  • サンプルより大きい見本が欲しいのですが

    大きさによっては有料になる場合がございます。まずはご相談ください。
  • サンプル以外の商品見本が欲しいのですが

    パイナルフォームSGのサンプルをご用意いたしております。無料サンプル請求時にその旨お申し付け下さい。
  • 無料サンプルの納期はどのくらいかかりますか

    早ければ翌日、遅くとも三日後にはお手元へお届けの予定となっております。
  • 無料サンプルの断熱材の種類は何ですか

    無料サンプルはパイナルフォーム4Gです。

    その他のサンプルについては直接お問い合わせください。

  • 現場ではカットできますか

    カッターナイフ・丸のこ等でカット可能です。
  • 断熱材施工時に使う現場発泡ウレタンスプレーの取り扱いはありますか?

    現場発泡ウレタンスプレーや気密テープなど建築副資材も取り扱っています。
  • 床断熱材はどうやって支持しますか?

    厚みに応じた専用の受けピンをご用意いたします。
  • 発泡スチロールは燃え広がらないですか?

    原料に難燃剤が添加してある、自己消火性になっております。
  • 外張り断熱でも施工できますか?

    できます。専用のビスを用いて施工要領に則って施工してください。
  • スタイロフォームと同じ?

    弊社の断熱材パイナルフォームは「ビーズ法ポリスチレンフォーム」です。俗に言うスタイロフォームは、原料となる樹脂のポリスチレンは同じですが製造方法が異なります。

    パイナルフォーム = ビーズ法ポリスチレンフォーム

    スタイロフォーム = 押出法ポリスチレンフォーム

  • 伸縮するような加工はできますか?

    表面にスリット加工を施すことが可能です。

    その他オーダー対応に関してもお気軽にお問い合わせください。

  • 省エネ基準を満たす厚みはどれくらいになるでしょう?

    別ページの仕様基準をご覧ください。
    コチラ➡【https://dannetsuzai.jp/column/84/
  • リフォームでも施工できますか?

    可能です。
    床・壁・天井など施工部位によってご相談ください。
  • 木造住宅以外でも施工できますか?

    RC造・S造その他可能です。ご相談ください。
  • 直射日光は大丈夫なの?

    長期間紫外線に当たると表面が劣化します。養生等を行い、取り扱いにご注意ください。
  • 全国発送は可能?

    宅配業者にて全国発送対応いたします。
  • パイナルフォームは濡れても大丈夫?

    水をほとんど吸わない性質があります。施工中の短期間の雨濡れでは性能低下はございません。
  • パイナルフォームはどんな断熱材ですか?

    ビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)といわれ、いわゆる発泡スチロールです。

    パイナルフォームに関する記事はコチラ➡【https://dannetsuzai.jp/column/50/

  • プレカットしてもらうにはどうすれば良いの?

    寸法をご指定頂くか、CADデータの図面等をお送りください。
  • プレカットできるのはパイナルフォームだけですか?

    その他各種断熱材のプレカットが可能です。ご相談ください。
  • パイナルフォームのサイズはどんな種類がありますか?

    910㎜×1820㎜、1000㎜×2000㎜のサイズをご用意いたしております。
  • パイナルフォームの厚みの規格はありますか?

    ブロック状からスライスしますので、厚みは自由設計です。最大500㎜厚も可能です。
  • パイナルフォーム(EPS)に使用できる接着剤を教えてください。

    パイナルフォーム(EPS)は、有機溶剤(アルコール類を除く)や
    石油類に侵されますので、接着剤には以下のものをご使用ください。

    ・水系接着剤
    ・酢酸ビニル樹脂系エマルジョン接着剤やアクリル樹脂系
    ・エマルジョン接着剤(アルコール類やノルマルヘキサンを溶剤に使ったもの)
    ・ゴム系接着剤(アルコール類やノルマルヘキサンを溶剤に使ったもの)
    ・エポキシ樹脂系接着剤
    ・ホットメルト系接着剤
    ・セメントモルタル系接着剤
    ・アスファルト系接着剤
    ・変性シリコン系接着剤
    ・ウレタン系接着剤

    パイナルフォーム(EPS)の耐薬品性は低密度品ほど影響を受けやすいので、
    接着剤の選択の際にはご注意ください。
    また、接着剤の内容物は、明記されていない場合があります。
    事前にテストするか、発泡スチロール用接着剤であることを
    メーカーに確認することをお奨めします。

  • その他の断熱材と比較するとどの様な特徴がありますか?

    長期的に断熱性能が劣化しにくく、金型形状を変える事で様々な
    形状製品を得る事が可能で、断熱性能だけでなく機能性を兼ね備えた成形品が出来ます。
    詳しくは下記をご覧下さい。

    ⇒保温板の特徴及び他の断熱材との比較
    ⇒EPS建材の用途

  • EPSの使用上の注意は?

    多くの優れた特性のあるパイナルフォームですが、
    使用にあたっては以下の点に注意して正しくご使用ください。

    1.火気に対する注意事項

    2.安全衛生

    3.運搬・保管

    4.リサイクル

  • パイナルフォーム(EPS)は直射日光にさらして大丈夫ですか?

    長期間紫外線にあたると表面が劣化します。
    保管時は出来る限り直射日光をさけ養生シート等で保護して下さい。

  • パイナルフォーム(EPS)はリサイクルされていますか?

    EPSのリサイクルには現在3つの方法があり、
    再び私たちの生活の中で役立っています。

    ・マテリアルリサイクル プラスチックの原料として再資源化し、
    プラスチック製品等に再利用します。
    ・ケミカルリサイクル 熱や圧力を加え、ガスや油として再資源化し、
    燃料等に再利用します。
    ・サーマルリサイクル 燃焼させる事で、
    高い熱エネルギーを発生させ発電等に再利用します。

    リサイクル実績、リサイクル拠点などの詳細については下記を参照下さい。

    JEPSAホームページ

  • パイナルフォーム(EPS)はグリーン購入適合商品ですか?

     (EPS)は地球温暖化・オゾン層破壊に配慮したグリーン購入適合商品です。

    グリーン購入適合資材

  • パイナルフォーム(EPS)はF☆☆☆☆ですか? (ホルムアルデヒドが発生しますか?)

    製造工程においてシックハウス症候群の原因物質である
    ホルムアルデヒドを一切使用しておりません。
    よってJIS A 9511でも無試験でF☆☆☆☆表示可能となっております。

    ⇒EPSはシックハウス対策にも万全です

  • パイナルフォーム(EPS)も他の発泡樹脂系断熱材と同様、 発泡剤にフロンを使っているのですか?

    パイナルフォームの製造にはフロンは一切使用していません。
    EPSの発泡剤は、炭素と水素からできている炭化水素で、
    主にカセットコンロやガスライターでおなじみの天然ガス「ブタン」や
    原油成分である「ペンタン」などが使われています。

    原料の樹脂を発泡させたあとの細かな気泡の内部は、
    製造後、大部分の発泡剤が置換され空気で満たされます。
    建物を空気で優しく包み込む。それが断熱材パイナルフォームの役割です。
    また、断熱性はフロンを含め発泡剤に依存していない為、
    熱伝導率の経時変化が極めて少ない安定した断熱建材と言えます。

    ⇒パイナルフォームはノンフロンの発泡プラスチック
    ⇒熱伝導率の長期経時変化

  • パイナルフォーム(EPS)の断熱性能は変化しますか?

    パイナルフォーム(EPS)は炭化水素発泡ガスを用いておりますが、
    製造後、短期間で大部分のガスは空気と置換される為、
    長期に渡って熱伝導率の変化が小さい断熱材です。

    ⇒熱伝導率の長期経時変化
    ⇒昭和基地無電棟に使用されたEPS断熱材

  • 省エネ基準を満たす為の断熱材パイナルフォーム(EPS)の厚みは?

    省エネ基準に基づき、断熱材の厚さは省エネ工法、
    施工部位、地域区分に応じ異なります。詳細は下記を参照下さい。

    ⇒構造材とパイナルフォーム(EPS)仕様の規定

  • パイナルフォームの断熱性能は?

    パイナルフォームの断熱性能は密度によって異なり、
    JIS A 9511「発泡プラスチック系保温材」に規定されています。
  • EPSは燃えると有毒ガスが出るのですか?

    建材で気になるのが火災時に発生する燃焼生成物の毒性です。
    EPSは不完全燃焼する時に黒い媒(炭素粒子)が多量に発生するため、
    とかく悪いイメージを持たれやすいのですが、以下に示した文献にも
    急性毒性を示す塩化水素やシアン化水素の発生は示されていません。


    (財)建材試験センターで行った、建設省告示第1231号第41に
    規定するガス有毒性試験に合格した結果をご覧下さい。

    ⇒ガス有毒性試験

  • パイナルフォーム(EPS)は燃えないですか?

    パイナルフォーム(建材用途EPS)は不燃材ではありませんが、
    難燃剤が添加されており、燃えにくくなっております。

    ⇒EPS燃焼性試験、JIS規格と関連諸規格
    ⇒EPS防火構造認定の技術資料
    ⇒EPS防火構造認定についての解説

  • EPSは、青色をした「スタイロ・・・」と同じものですか?

    いいえ違います。「スタイロフォーム」と呼ばれるのは、
    ダウ化工(株)の発泡樹脂製断熱ボードの商標で、
    発泡プラスチック系断熱建材の一般名称ではありません。
    EPSは、日本工業規格(JIS A9511)では、
    「ビーズ法ポリスチレンフォーム」という名称が採用されており、
    基材樹脂が同じでも製造方法の異なる
    「押出法ポリスチレンフォーム(XPS)」と区別しています。
  • スーパーなどで見かける発泡スチロールのトレーや押出ボードもEPSの仲間?

    優れた性質を持つプラスチックのスチロール樹脂(ポリスチレン)は、
    様々な形で皆さんの身の回りで役立っています。
    この樹脂を発泡したトレー、押出ボードもEPSも化学成分はほとんど同じですが、
    それぞれ製法や発泡剤などが少しずつ異なる3兄弟といったところです。

    【EPS(Expanded Poly-Styrene)】ビーズ法ポリスチレンフォーム

    3~5mm程度の発泡粒子を金型内で融着し成形するので、
    様々な形状の成形体が得られます。着色されたものもあります。
    製造工程でフロンを一切使用していないこと、他の断熱材に比べて
    リサイクルが最も進んでいる点で、環境負荷が少ない断熱材です。

    【XPS(eXtruded Poly-Styrene)】押出法ポリスチレン

    ポリスチレンと発泡剤(炭化水素系が主流)を押出機内で
    溶融混合してスリットから連続的に押し出してできあがります、
    押出された発泡体は除冷され裁断された後、板状にスライスした
    保温板として主に使われます。製造各社によって色が異なります。

    【PSP(PolyStyrene Paper)】ポリスチレンペーパー

    XPS同様、樹脂と発泡剤をスリットから押出して10倍程度に発泡しますが、
    厚さ数mmのシート状に引き延ばした後に加熱再発泡させ
    真空成型により食品トレーなどとして使用します。

  • 「EPS」って「発泡スチロール」と同じですか?

    基本的に同じものです。
    「EPS(Expanded Poly-Styrene)」は、
    50年ほど前にドイツで発明されたので、
    原料の名称であるStyrol(ドイツ語)から派生した
    「発泡スチロール」という呼び名で一般に親まれています。
    また、Styrene(英語)に由来する「発泡スチレン」や
    「フォームスチレン」「発泡ポリスチレン」等々たくさんの別名があります。

    パイナルフォーム=発泡スチロール=EPS
    JIS A 9511 ビーズ法ポリスチレンフォーム
    略称    EPS、発泡PS
    一般名   発泡スチロール
           発泡スチレン樹脂
    その他別称 発泡ポリスチレン
           フォームスチレン
           ポリスチレンフォーム

最終更新日: